ブックオフせどりはせどりの基本です。
投資資金を少なく、またせどりの基本を学ぶためには良い稼ぎ方であると今でも思います。
(実際に話題になったのは2010年ごろですがまだまだ使えます)


そんなブックオフせどりですが、
過去にせどらーのマナーが悪く、また詐欺的な高額塾の影響で
【せどり禁止】
を打ち出す店舗もあります。


そういった店舗の見分け方や対策をしつつ
禁止店で気持ちよくカンタンに稼ぐ方法をお伝えします。

ブックオフの店舗別せどり禁止指標

ブックオフには転売OKと禁止店があるのですが、
そのレベルも各店舗ごと違います。
以下は比較として参考に。


↑せどりOK(マナーは守りましょう)
・何をやってもOK
・お客様に迷惑のかからない範囲でOK



~↓ここからは【禁止】とうたっている店舗↓~


・赤棚を見ることだけ禁止
・バーコードリーダーだけ禁止
・カメラで読み取ることも禁止
・スマホで相場を調べることも禁止
・棚の前でスマホを出すことも禁止
・数冊購入するだけで店員からのチェックが入り、少しでも違和感あれば注意される

↓せどりNG(できないというわけではない)


このような段階があります。
ブックオフせどりが難しくなってきたのが2015年頃ですが、
その時はスマホを見ているだけで注意の目が向けられる店舗もありました。


2年たった今はそこまで厳しくない雰囲気があります。
あくまでもハウスルールですが、ハウスルールに従って稼ぐ必要はあります。


とはいえ、厳しい店舗でもリサーチ・仕入れすることはできます。
もっといえば【厳しい店舗のほうが利益が生まれやすい】とも言えます。
ライバル少なくなりますからね^^


具体例を出してみましょう。

・赤棚を見ることだけ禁止



一番おいしい赤棚狙いですが、別に赤棚をリサーチできなくても同じようなリサーチは可能です。
それは
【赤棚から棚に収めたばかりの商品をリサーチする】
という狙い方です。


あまりにもわかりやすい、例えば赤棚から収めているスタッフさんに付きまとってリサーチはちょっとアレですが、
要は赤棚から棚に収める本がどこに置かれるのか法則さえ知っておけば簡単に追跡が可能となります。
良く向かう店なら商品の変動すらわかるようになるはずなので覚えておきましょう。

・バーコードリーダーだけ禁止



上手に使えば快適にリサーチできるバーコードリーダー(通称:ビーム)
実はブックオフせどりが禁止になった理由の一つです。
なぜか?
マナー悪いせどらーが【棚を占拠し、場合によっては威圧的な態度をする】ということが問題になったようです。
(あと、当時は店員に間違われたりもしました。笑)


それを踏まえたうえで解決策としては
1、目立たないようにやる
2、了承をとってやる
3、使わない

この三つです。


店舗側の意図が
【お客様に迷惑をかけないように】
というものであれば、マナーを守っている限りは黙認されます。
(ルールを決めた役職者が見たとき、体面として注意される場合もあります)
当然マナーは守るのですが、迷惑をかけないこと前提に了承を取れればなお良いですね。


それでも使いにくい場合は【カメラ機能】を使いましょう。
バーコードリーダーよりはスピードが落ちますが同じ結果が出ます。

・カメラで読み取ることも禁止



カメラ読み取りも禁止な場合、おそらくバーコードリーダーも禁止であると思われます。
その場合は
1、目立たないようにひっそりとビームをあてる
2、商品知識(もしくは赤棚商品だけ)スマホで検索する

この二つです。
1の場合は了承を得られればなお良いですが、カメラよりもビームのほうが目立ちにくいので黙認していただける場合はあります。
(もちろん注意を受けた場合は素直に従いましょう)
2の場合はややスキルが必要ですが、赤棚の場合はヒット率も高く利益も大きくなりやすいので、
商品検索を手動でやっても十分魅力的な利益を生み出すことが可能です。

・スマホで相場を調べることも禁止

・棚の前でスマホを出すことも禁止

・数冊購入するだけで店員からのチェックが入り、少しでも違和感あれば注意される



現代せどりにおいてスマホを使えないのは結構厳しいですが、
セット本の単品を集めたり、セット本のみチェックしたりすることは可能です。


また、仕入れたリストがあればそのリストをもとにピンポイントで仕入れることが可能です。
ライバルが少ないわけですから残っている可能性も高く、
事前にリストを創って店員さんに探している旨を伝えれば自動的に集めてくれたりもします。


ここまでやっているせどらーは少なめなので、ある程度の実績(経験)と店舗状況さえあえば独り勝ちすることも可能です。

どの店舗も稼げないわけではない。稼ぐことをあきらめてしまうだけ



ブックオフせどりは時代おくれ?
いえいえ、ただ単に稼ぐことをあきらめた人間が多いだけです。


もちろん昔のようにマナーを守らず、ひたすらスキャンする時代とは違います。
時間もかかるし。
そもそも論ですがマナーが悪いことがダメであって、商品を購入すること自体は良いはずです。
別に窃盗しているわけではないですから。
(たちの悪い一般客よりもよほどうれしいはず。私が店長なら。)


やりにくくなったと思ってあきらめるのか?
ライバルが減って稼ぎやすくなったと考えるか?

ここで大きな差が出てきますね(∩´∀`)∩