21世紀、誰でもコネなしで稼げる時代が到来しました。
17年経過した今でも可能です!

21世紀はボーダレス。お金稼ぎも。

21世紀はドラえもん世紀、なんて思っていましたが、タイムマシンやどこでもドアがあるわけでもなく、暗記パンやスモールライトがあるわけでもなく。
でも、お金稼ぎに関しては、本当にボーダレスになった感があります。
私が20世紀末時点では中学生だったわけですが、その当時はコネやお金や生まれや学歴で人生が決まってしまうのではないかと何度か考えたこともあります。

でも、現在は起業し、4期目に突入しています。
小学校6年生時点でお金持ちになりたいなぁ、なんて貧乏育ちながら思ったわけですが、まさか社長になるとは思いませんでした^^

当然ですが、これは私が特別だったわけではありません。
現に、私の教え子は何人も起業をし、自分で稼ぐ喜びを分かち合っています^^

ただ、一つだけ言えば《世間に流されず行動した》というものがあります。
つまり、きちんと学習して行動さえすれば誰でも稼げる時代であると言えます。

2017年もせどりは稼げる!

当サイト《タダセドリ》はせどりを無料で学べるサイトですが、無料で学んでもしっかりと成果が出るようになっています。
せっかくですから、せどりが21世紀においてどれだけ個人で稼ぐことに向いているかお伝えします^^

1、売る→販売できるシステムが整っている

まずは売ること、ここですよね?

21世紀は何と言ってもインターネット爆発があります。
その結果、誰でもつながることが容易になりました。
一昔前であれば店を構えて地域の方々に販売するのが基本でしたが、現在はインターネットを通じて日本中、世界中の方に向けて販売が可能です。
集客はこれで完了。高いお金を払って店を借りる必要も、チラシを配る必要も、看板を出す必要もありません。
さらに、販売方法もかなり充実しており、倉庫に送って売れたら自動的に販売・配送までしてくれるサービスもあります。
これで《売ること》に関しては悩みがないですね^^

2、目利きする→情報が開示されている

サービスやモノを販売する時には最初に《適正価格》を考えますが、今の時代は定価があってないようなもの。
つまり、自分自身で価格を決めなければなりません。高すぎても売れないし、安すぎても儲けを出せません。
ではなぜせどりに参入しやすいかというと《ネット上で販売されている価格相場は誰でもみれる》という点があります。
今、目の前にあるモノの価格がネットで調べられるわけですから、その時点で利益になるかどうかがわかってしまうのです。
なので、目利きはいらない=《目利きする》ことにも悩みません。

3、資金が必要→0円からでも可能

普通に考えてモノを販売するわけですから、モノを仕入れて販売するのが基本です。
でも、中には1円もお金をかけたくない、かけられない場合もありますよね?
安心してください。0円のモノでも売れますから^^

インターネット上には、あなたに価値がないと思った物でも、欲しいと思う方はたくさんいます。
また、0円だとしてもそれを入手する手間や限定性などにお金を払う方もたくさんいます。
0円のモノではなく、0円のモノを提供する手数料を販売している、と考えればわかりやすいかもしれませんね^^
もちろんずっと0円でやると手間がかかりすぎますが、数万〜数十万円ラインであれば元手がなくても利益を得られます。
利益を得た後、その場でやめて副収入にしてもいいし、元手にして大きく稼いでもOK。
これで《初期資金》についても悩みませんね^^

まとめ、、、せどりはやれば誰でも稼げる

現在のせどりは全てが揃っていると言ってもいいくらい、環境が整っています。
稼ぎたいならまずはせどりで始めてみてはどうでしょうか?
必要なのは《やる気》くらいですからね^^

せどりで稼いで、ぜひステップアップしていただければ私も嬉しいです。
私のように1億円規模の経営も遠くないですよ^^

コラム…21世紀の今に動かなければどうなる?

今回は21世紀の現状と、せどりが非常に稼ぎやすいことをお伝えしました。
せどり以外にもたくさん稼ぎ方はありますが、せどりほど簡単かつリスクが少なく稼げる手法もあまり見当たりません。
ここまで環境が揃っているのですから、本当にやるかやらないかレベルなんです。

でも、中には
甘いことばっかり言って俺たちをどうする気だ?!
なんて思う方もいるかもしれないので、ちょっとだけ怖い話を^^

現在は確かに誰でも稼げる時代であり、コネもお金も人脈もかかりません。本当に体とインターネットがあればなんとかなる時代です。
これは本当に恵まれている時代です。
でも、それに気づかず(見て見ぬ振りかもしれませんね)過ごし続け、
夢や願望を抱えたまま過ごすとしましょう。
するとどうなるか?

次はロボットの時代が到来します。テクノロジーが発展するので、仕事も知識も奪われる時代が控えています。
そんな中、果たしてどれくらいの人たちが生き残れるのでしょうか?
確実に時代は進んでいるし、確実に取り残されていく人間は増えていくでしょう。

もちろん、日本国は優しいので、すぐに人生が破綻するようなことはないですし、お給料が減ってもなんとかやりくりできるラインでは生きれるはずです。
囚人のようになんでもいうことを聞けばそれなりの生活はできるかもしれないし、
月5万円でも人生を楽しめるシステムが出来上がるかもしれません。今はなんでも格安・無料傾向ですからね。
今後もそれは止まらないし、楽しめることも増えるはずです。VRとかドローンとか2ちゃんねるとかニコニコとかグーグルとかフェイスブックとかパズドラとかグラブルとかいい例です。

でも、果たしてそれは自分の人生を生きていると言えるのでしょうか?
少なくても、本質的には自分のやりたいことがやりにくい世界になっていくのではないかと思います。

その現状を変えられるのは、きっと今から20年くらいだと思うんです。
20年以内にどれだけ経験できるか?どれだけ世界を広げられるか?

なので、今は超絶チャンスだと思って人生を楽しく過ごしてくださいね^^
以上、ちょっと怖い話+チャンスな話でした〜