せどりに必須な【Amazon登録】
登録にはクレジットカードが必要ですが、
クレジットカードがなくてもAmazonに登録する方法を伝授します。

せどり=Amazon

まず大前提の話ですが
2016年12月時点のせどりのノウハウは
Amazonを中心に語られています。
※私がせどりを知った2012年あたりからもずっとAmazonです
つまり、
Amazonに登録しないことにはせどりは始まらない
と言っても過言ではありません。

現在はメルカリ等を中心としたAmazonを介さない手法も流行していますが
記事を書いている2016年12月現在
【メルカリは商用利用禁止】
という規約がある以上、グレーな運営という点は変わりません。

訂正
【商用利用禁止】ではなく、【無在庫販売禁止(手元にない商品の販売禁止)】【自分で撮影した商品以外の画像、同じ商品画像の禁止】【販売を促す連続投稿禁止】【外部出品管理ツール禁止】【複数アカウント禁止】などが規約になります。
かいくぐった手法もありますが、現状、事業(月商100万以上?)レベルで堂々とメルカリで稼いでいます宣言がしにくい部分があります。
(私の予想では【ストア販売】という、商用利用できる機能ができそうかなとは思います。)

というわけで、
せどりできちんと結果を残したい場合、
Amazonはきっても切れない存在です。

Amazonはクレジットカード必須

Amazon登録自体は非常に簡単で一日でできてしまうのですが、
一つだけ壁があるとすれば
【クレジットカード登録が必須である】
という点ではないでしょうか。

これがなぜネックになっているのか?

実は日本において、
クレジットカード自体はたくさん発行しているものの、
クレジットカード利用自体は非常に少ないです。

参考リンク
「日本人」はクレジットカードの「利用率」が低い!

裏を返せば
クレジットカードになじみがなく、
持っていない方も多い

ということも言えます。
※発行枚数はあくまでも平均であり、使わない=持っていない方も多いです

また、いざ作ろうと思っても、
作るときには各会社の審査があり、
収入があっても作れないというケースはあります。
※例えば、私は元パチプロで収入はありましたが、通常カードは作りにくかったです

若いころにちょっとしたミスでブラックリストに入ってしまい、
それ以来つくってないなぁ…
というのも結構良くある話だと思います。

何にせよ、
Amazonがクレジットカード必須というのであれば
私たちもクレジットカードを用意しなければなりません。

では、クレジットカードを持ってない場合(もちたくない、作れない場合含む)
どうすればよいのか?

解決方法があるので書いていきます。

Amazonでクレジットカード変わりに登録できるカード

Amazonではクレジットカード必須ですが、
必須なのは【カードに記載されているクレジット番号】です。
つまり
~~~
クレジット機能を使えるのであれば
クレジットカードでなくても登録は可能
~~~

ということです。

クレジットカード番号(機能)がついているのは今のところ
・デビットカード
・プリペイドカード

この二つです。

デビットカード

デビットカードを簡単に説明すると
【銀行預金を使ってクレジット決済できるカード】
というものです。

銀行カードですから
15歳以上であれば誰でも作ることが可能です。
クレジットヒストリーも基本的には関係ありません。

私もせどり最初の一歩でデビットを作りました。
1週間~2週間で作成可能。
私はネット申し込みでしたが、店頭であればもっと早いかも?

銀行口座から直接引き落としなので会計もわかり安く、
大金を持ち合わせる必要も、
小銭を持ち歩く必要もありません。
かなり便利です。

参考リンク
スルガ銀行デビットカード
(私はスルガ銀行マイ支店から始めました。申し込みもネット完結です)

追記
現在はdbank支店に統合されたようです。統合後デメリットな部分はなかったので、
そのままdbank支店でも良いかも。

 

追記2
デビット機能付きも充実してきました!
単純にデビット狙い+ネット化するなら他にもいい銀行はあります。

参考記事
比較した結果せどりにおすすめできる銀行口座カード3選

プリペイドカード

今すぐクレジット番号がほしい!
とりあえず登録だけしたい!
という方向けの対策として、
【クレジットのように使えるプリペイドカード】
を提案します。

私自身が使っているわけではありませんが、
使い勝手はクレジットとほぼ一緒で、
事前に入金しておくことで使えるようになります。

コンビニですぐ入手するならポンタカード
スマホと連動してお得に使いたいならキャリアカードがお勧めです。

参考リンク
お財布Pontaカード
※ローソンで入手可能です
ドコモ向け…dカード
au向け…au WALLETプリペイドカード
ソフトバンク向け…ソフトバンクカード
※できればキャリアと合わせたほうがお得

Amazonはあくまでもクレジットを推奨している

今回はクレジット以外でもAmazonに登録できることを記事にしましたが、
Amazonの規約上は【クレジットカード登録】を求めています。

なので、クレジットカードを持っていたり、
新たに発行できるのであれば、クレジットカード登録を推奨します。

新規で作る場合にクレジットは何がいいか迷った場合、
オススメがありますのでこちらの記事も参考に。
※デビットやプリペイドの紹介もしています。
せどり用のオススメクレジットカード

いまのところはデビット・プリカともに問題なし

現時点でも私はデビットカード登録のままですが、
その件に関しては数年たった今でも警告をもらったことはありませんし
周りでもそういった注意の話は聞いたことはないです。

Amazonにも何度もデビットの番号でログインしていますが、
現時点では問題ありません。

ちなみに登録後もいつでもカード変更は可能です。
登録に遠回りしたり躊躇してしまうくらいであれば、
まずはやりやすい方法で登録してしまうことをお勧めします。

やると決めたら登録はスムーズに

当サイトでも稼げるノウハウはいろいろ出していますが、
実際に行動できる環境がなければ学んでも結果は出ません。

やると決めたなら登録は迅速に、
学びを実践する時間に当てましょう!
登録しさえすればせどりはスムーズですよ^^

コラム…スタートしてしまえば身体は動く

今回の記事はAmazonの登録をスムーズにするために、
クレジットカードの問題を解決する方法を書きました。
この記事を読んで、登録がスムーズになれば幸いです。

何をするにも、環境を整えなければ始められないことはあります。
FXをやるためにはFX口座が必要だし、
ブログを始めるならブログを書く環境が必要です。
せどりも同じく、Amazonは必須になります。

ここでいつも脱落してしまう方の特徴として
【準備に時間をかけすぎる】
というものがあります。

人間、環境を変えるのは嫌う生き物です。
~~がなければできない
→~~を用意するのは面倒
→~~で稼ぐのは大変だ!
というようになってしまいがちです。

なので、環境を整えてしまうのは有効な一手です。

環境さえ整ってしまえば、動き出せることが多いです。
マラソンでも、一式用意してスタートラインに立てば、
後は走るだけ。非常にシンプルです。

ノウハウや何をやればいいかは当サイトにも書いてあります。
まずは、環境を整えて、ノウハウでスタートダッシュしてくださいね^^