せどりは物を売ることで利益を得ますが、
物を売るためには物を仕入れなければなりません。
ですが、不用品販売であれば、1円もかけることなく販売も可能です。
今回は不用品販売で1円もかけずにせどりを開始する方法をお伝えします。

不用品とは?

名前のごとく、
【不要な物】
ということなのですが、
身の回りに捨てようか取っておこうか迷っているものや、
クローゼットや押し入れに眠っている品があるのではないでしょうか?

すでに断斜里してしまって物が全くない場合は別として、
ほとんどの家には不要になっている品があるはずです。

不用品は相手にとっての必要品

自分にとって不要だったとしても、
相手にとっては必要なものも多いです。

事実、自分自身は必要だと思ったから入手したわけで、
その時の気持ちを振り返れば、もしかしたら買ってくださるかもしれません。

不用品の売り方

では実際に不用品を販売してみましょう。

基本的に中古になると思いますが、
Amazonでも中古は販売できます。
とはいえ、Amazonで中古を販売するのも手間だなぁと思うかもしれません。
※2016年12月時点では新品せどりノウハウ中心なので

そんな時にオススメなのは
・フリマアプリ
・オークション

この二つです。

フリマアプリを使って販売する

現在はフリマアプリが大人気であり、
ユーザー数も非常に多いです。

数年前まではオークションメインが多かったのですが、
現在はフリマの手軽さと簡単さで人気が出ています。

基本的な出品方法も大体は似ていて、
一度覚えればどんなフリマアプリでも使いこなせます。

フリマアプリを選ぶ際の基準としては
1、ユーザー数が多い
2、出品が簡単
3、やりとりが明確
4、信頼できる

この4点を注目しましょう。

お勧めのアプリとしては
メルカリ
ラクマ
フリル(女性向け)

このあたりのフリマアプリなら問題はありません。

メルカリは一番ユーザー数が多いのでもっとも売れやすいです。
ラクマは販売手数料が現時点では無料なので利益が取りやすい(その分値引きしやすい)です。
フリルは基本的に女性ユーザーなのですが、衣類を多く出品したい場合は狙い目になります。

参考記事
Amazonを使わずにフリマアプリで今すぐ販売して稼ぐ

フリマアプリ向きの商品

フリマアプリは比較的年齢層が若く、
価格も手ごろな商品を好みます。

~お勧めの基準~
・手頃な価格帯(300円~1万円くらい)
・手軽な使用感(服やベビーグッズ、中古ゲーム等)
・すぐ使えるもの(消耗品や開封済みなど)

この辺を基準にしてみてください。
※もちろん、規約内であればどんなものを出品してもかまいません。

今はPC上からも操作可能なアプリもありますが、
基本的にはスマホを使ってアプリをダウンロードしたのち販売することになります。
スマホがあれば数十分で販売することが可能です。

オークションを使って販売する

ネットオークション自体は昔からありますが、
現在の国内オークション市場を独占しているのはやはり
ヤフオク
ではないでしょうか。

オークションで出品する側としてはヤフオクのみで問題ないと思います。

ヤフオクの特徴は何と言っても値段を競ってくださる醍醐味。
1円で出品したものが数万円になることもあり、
この辺は出品者としても楽しいことです。
※フリマアプリは基本的に即決価格です
※オークションでも即決価格を決められます

現在は20~30代こそフリマアプリ全盛ですが、
ネットの買い物に慣れている方やマニアックな方には
まだまだヤフオクも人気です。

ヤフオクの出品はひと手間かかりますが、
一度出品してしまえばあとは同じように出品するだけです。

オークション向きの商品

オークションはほしい方がほしい値段をつけることができるので、
本当にほしいものであれば高くても購入してくださいます。
※もちろん相場はありますので高すぎたら売れませんが。

特に古いものや絶版品であれば中古は当たり前なので、
多少状態が悪くても売れることも多いです。
中には部品だけほしい方もいらっしゃるので、
壊れていても売れる商品はあります。

~お勧めの基準~
・もう手に入らなそうなもの(絶版品や骨董品など)
・部品にも価値があるもの(バイクやゲーム本体、PCなど)
・高額商品(高くても入手したい希少性があるもの)
・定価が高いもの(ブランドものやカメラなど)
おまけ
・とりあえず捨てるくらいなら売りたいもの→1円出品+送料
・まとめ売りしたいもの→ジャンルや商品ごとにまとめると良い

ヤフオクは1円から出品できますし、
送料もしっかりといただくこともできます。
捨てるくらいなら販売の練習にもなるし、
高値がついたら一石二鳥ですね^^

ちなみにヤフオクには過去相場を調べるツールがあります。
無料なので、基準を探したい場合はぜひ調べてみてください。

オークション査定ツール
オークファン

売りに行っても二束三文になる

リサイクルショップや買い取りサービス店に持って行ったとしても、
ほとんどが安すぎる価格で買いたたかれます。

安さの変わりに、
ほとんど買い取ってくれる(処分してくれる)というわけです。

どうしようもない、売れないもの以外は
基本的には自分で売ってしまったほうが利益になります。
せどりの練習、第一歩にもなりますし、
稼ぐ方はフリマやオークションだけで月100万円稼ぐ方もいらっしゃるので、
ぜひ一度は体験してみてください。

コラム…CtoCの時代

今回は不用品販売についての記事を書きました。
不用品販売する環境はすでに用意されていますので、
一度は販売してみて、せどりの練習になればと思います。

今まではお店から物を買うのが当たり前でしたが、
(BtoC)
現在は個人での売買が盛んです。
(CtoC)

この背景にはやはり、
オークションやフリマアプリの影響が大きく、
さらにAmazonでのセラー(=出品者)登録が誰でもできることにあると思われます。

お店を介さないので安く購入しやすいですし、
お店を介さないので利益も多くなります。

つまり、時代はせどりにとって追い風なのです。

もちろん、せどりを個人業だけで終わらせず、
起業して会社組織として利益を上げることも可能です。

私は現時点で年商1億円に迫る勢いですが、
数年前までは0から年商1億円なんて想像もできませんでした。

時代は稼ごうと思った人間が稼げる時代ですので、
ぜひこの機会に本腰を入れて稼いでみてください^^