せどり=本の転売
と、思う方も実際に多いのですが、厳密にいえば【一つの稼ぎ方】です。
(一応 せどり という語源は本のタイトルから来ているという一つの説もあります)


実は私もせどりを始めた当初はブックオフばかりで稼いでいました。
ブックオフせどりは基本を押さえるだけで誰でもできる+投資金も少なめなので初心者にもおすすめです。


2017年冬時点では時代の流れで主流ではありませんが、(ここだけの話)みんながやらないからこそ稼げるのは商売の基本です。
今回はブックオフの中でも【ゲーム】に絞って稼げる方法を伝授します。


そもそもブックオフってなに?



ブックオフとはいわゆる【リユース型本屋さん】です。簡単にいうと中古本をメインに扱っているリサイクルショップ。
現在は多岐にわたる品目を扱っていますし、ハードオフなど系列店もあります。


ある程度規模ある市街に住んでいれば一度は見たことあると思いますがこんな感じのお店です。





2017年冬現在ではほかのリユースショップやネットショップに押され傾向ですが、まだまだ現役で頑張っているショップとも言えます。
現役で頑張っている=価格差が生まれる可能性がある、ということですね!

ブックオフせどりの稼ぎ方



大きく分けて4つ。


1、中古本せどり
2、中古CD,DVDせどり
3、中古ゲームせどり
4、新古品せどり



中古の本・CD/DVD・ゲームをまとめて【メディアせどり】なんていう呼び名もありますが、要は本かCDかDVDかゲームを見ればよいということがわかります。
例外として新品商品を置いているショップもあり、その場合は新品・未開封・付属品完備であれば新品として出品することも可能です。
その場合は店員さんに伺ってもよいので間違いなく新品であることを確認してから仕入れましょう。あいまいであればカテゴリはほぼ新品推奨。


今回は【中古ゲーム】に絞ってノウハウを伝授します。
中古本に比べて軽さが魅力です。
また、事前に検品されている者ばかりが店頭に並んでいるので購入時のまま販売することが可能です。
※ただし、購入時の注意文や個人から仕入れる場合は検品が必要な場合あり
本と同様、これだけでも月数万~数十万稼げます。

3、中古ゲームせどり



ブックオフでは主力の一つとして【中古ゲーム販売】もしています。
中古ですから古いものから新しいものまであり、価格設定も店舗によって違いがあります。
最近のゲームは小さいものも多いのでスペースも取らず、またケースサイズは一緒なので梱包・発送もラクですね。


中古ゲームせどりは以下の稼ぎ方があります。


3-1、古いゲーム中心に攻める
3-2、現行商品中心に攻める
3-3、周辺機器中心に攻める
3-4、ジャンク扱い中心に攻める



一つずつ解説していきます。

3-1、古いゲーム中心に攻める



中古ですから十数年前のゲームが店頭にあることもあります。
古いほど入手できる可能性が少なくなるので一つのねらい目となります。
最近はダウンロードできたり無料で遊べるものも多いですが、実際に起動してプレーしたい層は少なからずいます。


もちろんゲームのタイトルは無数にあり、マニアでない限りはどれが人気かつ品薄かわからないと思います。
また、ゲームは基本的に一度入手すると壊れたりなくなるものではないので、相場が上がることは少ないです。
人気タイトルほど持っている方も多いので需要よりも供給が多くなる=利益になりません。


ゆえに、中古本・CD/DVDと同様、一つずつ相場を見ていく方法をお勧めします。
一度でもプレミアがわかれば今後は店員さんに在庫を確認するだけで入手できる可能性も!


メリット
・今では手に入らない商品を入手できる
・ダウンロードでは体験できないパッケージ版の魅力



デメリット
・人気かつ品薄の商品にたどり着くまでは検索する必要がある
・検品しにくい(実際に起動しなければわからないので=店舗で確認済みならスムーズ)


3-2、現行商品中心に攻める



過去商品ではなく現行商品を中心に攻めることで稼ぐ方法です。
要は今でも生産しているとか、現役のゲーム本体のタイトルということです。


ねらい目としては
・人気である
・中古と新品の価格差があまりない
・店舗では仕入れられる

というギャップをついたものになります。


注意点としては徐々に価格は下降していくものと思われますので、
できるだけ早くに売り切ってしまいましょう。
また、特典付きなども把握しておけば利益につながりやすく良いです。


メリット
・古い中古商品よりも集めやすい
・売れ行きが良いことが多い



デメリット
・市場の需要が満たされると価格は下がる
・店頭価格が高い場合が多い


3-3、周辺機器中心に攻める



店舗によっては周辺機器の取り扱いもあります。
(例:コントローラー、ケース、拡張グッズなど)


周辺機器も人気が出ればプレミアはつきます。
また、周辺機器メーカーは新しいものにどんどんシフトしていきますので生産終了も早めです。
ゆえに、需要はあるのに生産終了してしまったものはねらい目となります。


ただし、完備品を求めている層や、使ったら徐々に劣化してしまう商品の場合は注意が必要で、
ゲームには該当しない【コンディション】が大事になる場合もあるので仕入れの際は注意しましょう。


メリット
・生産終了品はねらい目
・どうしてもその商品がいい!という層がいる
・製品サイクルが早い=プレミア化する場合がある



デメリット
・検品が必要な場合がある
・ケースも商品だと思う層がいる=売れている商品コンディションも含めてリサーチする
(特に消耗品や劣化の可能性ある商品に注意)
・同じようなものでも型の新旧やメーカー違いがある場合があるので注意


3-4、ジャンク扱い中心に攻める



ブックオフには【ジャンクコーナー】というコーナーを用意している店舗もあります。
※系列のハードオフやオフハウスには結構あります


壊れている、というわけではなくて
・未検品(動作未確認)
・箱、付属品がない
・型やメーカーがわからずに値段がつけられない
・何に使えるのかわからない

というものが含まれています。
(名前通りジャンクという場合もあります)


この状態を逆手にとり、市場価値のあるものを格安で入手することも可能です。


もちろんジャンクですから製品に対して保証がなかったり、
壊れていて使い物にならない場合もあります。
検品が面倒だったりすることもあります。


それを踏まえても普段以上に格安で入手できるので、
時間に余裕があり、商品知識があったりできるだけお金をかけたくない場合には有効な稼ぎ方です。


メリット
・格安で入手できる
・お宝が眠っている



デメリット
・検品が必要
・そもそも壊れている可能性がある



セット本の考え方を応用し、一つのセットを作り上げることも可能です。
例:ゲーム本体単品と付属品を集めてセットを創る、単品スマホにケースや付属品を付けて付加価値・販売チャンスUP、など


何といっても仕入れ値の安さが魅力であり、応じて利益率も高くなります。
検品梱包は手間になる部分も増えますが、メリットを強く感じるのであればお勧めです。

中古買うならブックオフ♪

※歌にかけてみたんですが、、、


せどりを始めるかどうか迷っているとき、気になるのは
・稼げるのか?
・お金はどれくらい使うのか?

この辺がメインになると思います。


現在のせどりは調べる気になればだれでも利益や売れ行きがわかりますし、
ミスさえしなければ基本的に利益になります。
(別にギャンブルやっているわけではないので)


また、お金を使って仕入れた商品を販売するわけですから多少はお金使いますが、
新品せどりのように
100万円使って20万円稼ぐ(=合計120万になって返ってくる)
などではなく、
10万円使って5万円稼ぐ(=合計15万になって返ってくる)
というような収益性になります。
初心者にはお勧めといえますね^^


2017~2018年は新品せどりが主流で中古をメインとする販売者が少ないのですが、
ライバルが少ないほど有利になるというのは商売の基本です。
ぜひこの機会にチャレンジしてみてください(∩´∀`)∩