ブックオフせどりの裏技、赤棚(ストッカー)狙い。
これをマスターすれば時給1万円も達成可能です!


おさらい…なんでブックオフで稼げるの?

ブックオフは買取業務をメインで行い、そのうえで販売も可能になります。
ゆえに一般的な店舗と同様、商品サイクルがあります。
いくら格安で入手できても売れなければ在庫になってしまい、在庫が売れなければ負担が大きくなります。
そこで解決するのがシステムに沿ったプライス決定です。


別記事ではブックオフでの基本的な稼ぎ方・ねらい目について書きました。
基礎はこちらからどうぞ。


★各記事リンク★


ブックオフせどり~中古CD・DVD転売で稼ぐノウハウ
http://tada-sedori.com/knowhow-collection/bookoff-sedori-cyuukocdchuukodvd/


基本をおさえるのは大事ですが、もう一歩先に進むのが稼ぐための秘訣。
タダセドリではその秘訣もタダで教えちゃいますよ^^
同業者に恨まれたらどうしようとか思いますが今はネタバレ時代ですからいいですよね^^)

おさらい2…ブックオフは自動的に価格設定される



ブックオフせどりが稼げる理由として
市場相場を無視した独自のプライス決定システム
というものがあります。
例えばプロパー商品であればおおむね半額からスタートしますし、
定額商品であればどんなに価値あるものでも売れなければ500円や100円になっていきます。
この値付け手法を活かしてブックオフではネット相場との差益を取れる=稼げるわけです。
(例外もあり。店舗独自の価格設定商品もあります)


で、このシステムを活かせばだれでも稼げるわけですが、絶対に抑えたい瞬間・狙い目なのは
1、店頭に並んだ瞬間
2、価格が落ちた瞬間

この二つです。


1については相場を無視して店頭に並ぶわけですから、それだけでも稼げる可能性があります。
いち早く気づければチャンスはそれだけ増えますよね。


2については1の段階で利益が出なかったとしても、価格が下がることによって利益が生まれる可能性があります。


例:1000円の時点では-100円だったとしても、100円になれば単純に+800円になる


コチラも同様、価格が下がった瞬間にリサーチできればチャンスは増えます。

前置きが長くなりましたが、この【店頭に並んだ瞬間】or【価格が下がった瞬間】を狙い撃ちできるのが
~~~
赤棚狙い
~~~

というノウハウです。

赤棚(ストッカー)狙いとは?



前置きで書きましたが、価格を決定したあと、店頭に並べる必要があります。
で、この【店頭に並べるための棚】というものがあり、多くのブックオフでは赤い棚に置いてから棚に入れていきます。
俗にいう【赤棚】で、正式名称はストッカーと呼ばれているらしいです。


要は赤棚にある商品は基本的にまだ棚に並んでいない=誰もチェックしていない商品ということで、
それだけ利益につながる可能性が高い商品というわけです。

赤棚を使ったピンポイントな稼ぎ方



この赤棚(ストッカー)ですが、実は店舗によって癖があります。
参考例として
・毎日赤棚を使い、順次棚に収める
・週に1~3回赤棚を使い、まとめて棚に収める
・カウンターの裏に赤棚をおき一般客は触れない
・全く使わない

このような使い方をされています。


全く使わない店は考慮できないですが、他の3つの使い方であればある程度予測して仕入れることが可能です。

赤棚を使う時間を探る



赤棚を多用する店舗であれば、赤棚が出てくる時間を把握するだけでピンポイントに稼げます。
朝なのか?昼なのか?引継ぎタイミングなのか?閉店前なのか?
この辺を把握すると良いですね。

曜日はいつか?

週に1~3回程度の店も定期的に使うのであればピンポイント可能です。

カウンター裏の商品もチェックさせてもらえるか?

少し交渉が必要な場合もありますが、店側の姿勢次第では見せてくれます。
カウンター裏においてあるのがせどり対策なら難しいですが、お客様の邪魔にならないように裏においてある等であれば快く見せてくれるでしょう。
多少の参入障壁(=承諾をえる)もあるので自分だけの仕入れができる事にもつながりますね!

応用…赤棚を使わない店舗の場合



赤棚は大きいので使わない店舗もあります。
ですが販売する以上、棚には納めなければなりませんよね?
この場合は
・どのタイミングで棚に入れるのか?
・どんなマニュアルで棚に入れるのか?

この辺を把握しておくことでピンポイントにリサーチ可能です。


例をあげると
・【左端から詰めて】入れる
・【大きさに合わせて五十音順に】入れる
・【カテゴリ札の左に】入れる
・【閉店後に】入れる

などなど。

商品を入れ替える癖をつかんでおけば時短で仕入れられる=稼ぎが増える!



ブックオフは商品が無数にあり、全商品リサーチするとなると査定ツールを使っても1日かかったりします。
(私は昔、1店舗に8時間くらいいたことがあります)
最初は必要な経験と割り切ってしまえばそれまでですが、できることなら毎回はしたくないですよね。


仕入れを時短できるということ=短縮した時間でさらに仕入れができる=稼ぎが増える


ということで、ただ単純に仕入するだけではなく、仕入れ力が上がるほど時短効果抜群なのでぜひトライしてください。
もちろん、この考え方はブックオフだけでなく、他の中古ショップや新品ショップでも応用可能です。
おかげさまでセールに並ばなかったり、毎週定期的に買い付けさせていただいております(∩´∀`)∩