本って素晴らしい!!!
稼げるヒントが目白押しです。
そもそも先駆者が本気で知恵を絞って書いているわけですから、その辺のよくわからない魔法の薬のようなものに手を出してノウハウ中毒になるよりも、何百倍も効果があります。


今回は1億円稼ぐ私が読んできた【稼げる本】を紹介します。


私が稼げるようになったきっかけは書籍のおかげ

私は現在1億円程度稼いでいますが、別に特別なことをやってきたわけではありません。


比較しても特出したスキルはないし、今までくだらない失敗も人並みにしてきました。
スロットを打つために借金したり、、、苦笑


そんな私がなぜここまで来れたかというと


1、成功例をまねた
2、本を読んだ
3、考え方を常に進化させた



この3つに尽きます。

普通に考えて、稼げていない状態で思い浮かぶことなんてその程度のモノだし、
であれば成功者を真似たほうが早いんじゃないかと。
そう思ってから結果が出るのは早かったです。

1億稼ぐために読んできた≪人生を変える≫本物の書籍とは?

今回は私がここまで来るために読んできたもので
≪これ読んでたおかげ!≫
と思える書籍を列挙します。


正直な話、今まで膨大な数の書籍を読んできましたが、これは良かった!と思えるのは少ないです。


今すぐ変えたいと思うならまずは1冊手に取ってほしいですね。
一日5分読むだけで人生変わります。

ちなみに手に取りやすいよう、今回はすべての書籍に返金保証付きとなってます。
気に入らなければ返品してもOKですので、まずは進化を恐れずに読んでみましょう。

私の経験上ではありますが
1冊読んで100万円稼げた!
そんなことが超現実的です。

マインド系

達成する人の法則
※期間限定、書籍代金無料で入手可能!

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/AK3nBlwl/


ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さん・・・など一流経営者が絶賛する目標達成メソッド。


この書籍では【いかに目標を達成するか】を【具体性を持って】習得することができます。私も目標達成時にはお世話になりました。


「成功は技術」


・いつもモチベが続かない
・やる気はあるのに結果がでない
・がむしゃらにやるが間違っているかもしれない
・最短で結果を出したい
・ある程度成果が出ると急にやる気がなくなる


このような方に最適です。


著者…原田隆史


大阪府生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。問題を抱え る教育現場を次々と立て直し、地元大阪では「生活指導の神様」と呼ばれる。独自の育成手法「原田メソッド」で、勤務3校目の陸上競技部を7年間で13回日本一に導く。


2003年以降は、企業の人材教育の分野でも活躍。380社、8万人以上を指導してきた。「原田メソッド」に多くの企業の経営者が注目し、ユニクロ、カネボウ化粧品、野村證券、中外製薬工業、キリンビールなどの企業研修・人材教育を歴任している。


主な著書に、『カリスマ教師原田隆史の夢を絶対に実現させる60日間ワークブック』『大人が変わる生活指導』『カリスマ体育教師の常勝教育』(以上日経BP社)『成功の教科書』(小学館)など。


著者の実績


【実績1】
7年間で13回も陸上部を日本一に導く

【実績2】
ユニクロの柳井さん、京セラの稲盛さんも絶賛&導入

【実績3】
400社、8万人以上のビジネスマンが実践

【実績4】
「カンブリア宮殿」
「ガイアの夜明け」でも紹介。

【実績5】
英語や中国語、ドイツ語、など
24ヶ国で翻訳&出版

【実績6】
武田薬品工業、野村証券、キリンビール、
三菱UFJ信託銀行、神戸マツダ、
カネボウ化粧品、住友生命保険、
第一電材などの企業研修でも導入。

【実績7】
考案者の原田先生は、
三重県政策アドバイザー
奈良市生徒指導スーパーバイザー
高知市教育アドバイザー
元埼玉県教育委員
などを歴任。

【実績8】
あの大前研一が学長の
ビジネス・ブレークスルー大学の
経営学部 教授

【実績9】
最年少は4歳
最年長は86歳がこの方法を実践。

【実績10】
日ハムの大谷選手、早実の清宮選手など
一流プロアスリートも実践。

【実績11】
本の評価は★4.6(5点満点)

【実績12】
参加費20万円の原田先生のセミナーが40席即満席。

大富豪の投資術
通常価格5,000円(税抜)のところ、60%OFFの、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1507839/0WZ8vpW4/


皆さんは、この本のタイトルから、ああまたこれも、
どうしたらお金を儲けて蓄財したり、ビジネスで成功したり、
株式市場を上回るリターンを手にしたり、


経済的な面で人生の勝ち組になれるかを書いた
何千冊という指南書の一つなのだろうと
考えているかもしれない。


おっしゃるとおりだ。
ただし、部分的には、である。


ご覧いただければわかるように、
私はできる限り幅広いテーマを取り上げ、
そのほかの多様な価値、言ってみれば情緒や心理、知性などに関わる
豊かさなどを内容に組み入れるよう努めた。


私はお金持ちが好きではない。
これまで好きになったこともない。
私が尊敬しているのは世界の億万長者やビリオネアではない。


私が心から称賛しているのは、
豊かな人生を生きている人たちである。


豊かな人生とはつまり、
豊かな思考や感性にあふれた人生、
外に目を向けている人生である。


私が顔を合わせる億万長者の大部分は、
そんなことは気にもかけない。


彼らは利己的で、自分の考えのみに陶酔し、
お金のことばかり気にしている人々である。


本書はこういった人々のための本ではない。
そういうお金持ちになりたいと願っている人たちの本でもない。


これはお金儲けのための本である。それは否定しない。
しかし同時に、本当に大切な形であなたの人生を、
あなたのパーソナルライフを豊かにしていくための本でもあるのだ。

私はこの本を読んで、お金持ちのイメージは大きく変わるとともに、既存のお金持ちバイブルがどんなに薄っぺらいものかと感じることになりました。
この一冊だけでお金持ちになる為の基本原則は理解できます。


お金持ちを目指すすべての人に加え、お金持ちに偏見を持っていたり、全くお金に興味がない人たちにも一度は読んでほしいと心から思える書籍の1つです。


私は娘がいますが、字が読めるようになったらプレゼントしたい一冊です。

著者…マイケル・マスターソン


マイケル・マスターソンは、目覚ましい成功を収めたビジネスキャリアの中で3億ドルの会社をはじめ、1億ドルを超える会社を1社、1千万ドルを超える会社を十数社、築き上げてきた。


彼は、電子ニュースレター「アーリー・トゥー・ライズ(Early to Rise)」で、30万人を超える熱心なファンを獲得している。


『大富豪の仕事術』(ダイレクト出版)は『ウォール・ストリート・ジャーナル』『ニューヨーク・タイムズ』 Amazon.com、バーンズ・アンド・ノーブルでベストセラーとなっている。 ベストセラーになった既刊には、『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』『大富豪の起業術』『臆病者のための科学的起業法』(いずれもダイレクト出版刊)などがある。

世界一ずる賢い価格戦略

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/99YDG02L/

経営者や起業家のみならずマーケターやセールスマンなど「売る」ことを仕事にする方は必見の一冊。


ビジネスは価格に生きて価格で死ぬ
著者のダン・ケネディがこう言うように価格こそがビジネスの生命線です。


実際、価格設定を失敗してしまうとビジネスそのものが上手くまわりません。 商品の値段を高くし過ぎるとさっぱり売れませんし、安くすると利益が出なくなり価格競争に巻き込まれてしまうからです。


では、商品を売るときにどうやって価格を決めればいいのでしょうか?
また、無料、割引、値上げの使い方はどうすればいいのでしょうか?

私がこの書籍に出会った時、初めて自分のサービスを販売する時でした。
この書籍のおかげで売り上げ見込みが予定より10倍近くになり、かつお客様に喜ばれることができました。
価格設定はとてもデリケートなものですが、うまく使いこなせば自分の望む環境すら手に入ります。


個人的にはノウハウというよりも既存の考え方をたたき割る書籍になりうるものです。自分のサービスだけでなく、自分そのものの価値を知るためにもオススメな良本。

著者…ダン・ケネディ

全米で多くの億万長者を生み出してきて、「億万長者メーカー」と呼ばれている。彼にはいくつもの顔があり、著者としては11冊以上の本を出版、そのうち6冊は日本語版も出版されている。

講演家としては、9年連続で、20~27以上のイベントに出演。ブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などと講演をともにする。国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターなどとの現役中の契約は2000を超える。現在は講演をうけることは滅多にない。


マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、年商数千万円~数億円規模の会社から数千億円規模のクライアントを育てている。(その中の一社はニキビケアのTV通販で世界No1になりました。テレビCMで有名なプロ○クティブ)


彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は現在、米国で2万人以上の会員、日本で2000人以上の会員の元に届けられている。


現在のコンサルティングフィーは1日128万円。コーチングプログラムは年間320万円。


コピーライティングプロジェクトは1000万円前後+%ロイヤリティ。(全てキャンセル待ち)2009年彼のコーチングクライアントの主催するセミナーには合計で10万人以上が出席した。起業家、マーケターにとって極めて影響力の強い人物である。

屁理屈無し 社長のための時間の使い方

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/9YoATOCW/


まずこの本は、机にかじりつきっぱなしの人や、
たったひとつの仕事しかしていない人いのための、
ごくごくありふれた時間管理法について書かれたものではありません。


何足ものわらじを履き、創意にあふれた
エネルギッシュな経営者に向けた特別な本なのです。


そうした経営者は、自分の肩に責任がどんどんのしかかってくるのを断ることができず、
活用できる時間とリソースにやりくりに大変苦労しています。


すでにおわかりのように、
時間はどんな起業家や経営者ももっている最も貴重な資産です。
私も人材管理について大変悩みましたが、この書籍を読むことで、いい意味でシビアになることができました。


問題解決のための時間。
開発し、創造し、考え、計画するための時間。
情報を収集し、活用するための時間。
売り上げを伸ばし、マーケティングを発展させ、
マネジメントを構築し、収益を大幅に増やすための時間。
ネットワークづくりのための時間。


挙げていけばきりがありません。
「あともう1時間費やすことができれば、この事業の売上は大きく違ってくるはずなのに」
そんな一人言を言わない日は、おそらく1日たりともないでしょう。


ならば、本書はその1時間をあなたに与えます。
ただし本書を読んで時間を手に入れる作業は、
単にどこかから余分な時間を1時間ひねり出す時間節約術よりも、
もっと価値のある作業だと言えます。


人生において、あなたと時間との関係全体を
徹底的に再設計することができるのです。

時間にシビアになることで余裕が生まれ、本当の意味で会社やスタッフを育てることが可能になります。
私もこの書籍を読むことで今までできなかった本当のタイムマネジメントができるようになり、必要なことに集中できるようになりました。


ノウハウもふんだんに書いてありますが、どちらかというと考え方を変える書籍だと思いますのでマインド系にさせていただきます。

著者…ダン・ケネディ
※先述した経歴を参考に。

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/Du5yBfaa/


誰もが心の奥底に“行動のブレーキ”を持っています。中にはそれで一生悩む人もいます。僕自身もそうでした。もし、あなたも常日頃、そんな自分を感じている人なら、この本に出会えたのはラッキーです。あなたがこの本を読み終わる頃には、そのブレーキが外れてアクセル全開で行動できる自分に変わっていることでしょう。


この本を読んだからと言って、スグに成功する、、、なんて事はお約束できません。しかし、約束できるのは、この本を読み終わった後は、あなたのお金に対する考え方、お金に対する罪悪感、幼い頃から植え込まれたお金の先入観などは全く違うものに変わっているでしょう。


そして、もっともっとスムーズに行動する事できるようになっているでしょう。 90日間の保証があるので、気軽に試してもらう事ができます。読んでみて気に入らなかったら送り返してください。しかし、あなたはきっとこの本を気に入って手放したくなくなるでしょう。

お金持ちとしての考え・行動の原則を習得できます。
どんな業種で成功したとしても、原則は一緒です。
知っておくことでお金持ちへ確実に進めます。


著者…ダン・ケネディ
※先述した経歴を参考に。

トライブ=人を動かす5つの原則=

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/FxOrZBp4/


なぜ、優れたリーダーでも新しい環境では失敗することが多いのか?
なぜ、並のリーダーでも本来の能力よりも優れているように見えるのか?


この疑問の解明に取り組むために著者のデイヴ・ローガンは2万4000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。


すると意外なことに会社の中で部下を動かすのにリーダーシップはほとんど関係ないということが分かったのです。


そして、辿り着いた結論は、 本書のテーマにもなっている「トライブ」。 直訳すると部族や集団といった意味です。


「トライブ」は5つのレベルがあります。
そして、組織にいる人は全員必ずこの5つのステージのどこかに所属しています。


上位のトライブにレベルが上がれば上がるほど、組織にいる人はイキイキと働きます。
上位のトライブにいる人には、いちいちリーダーシップを発揮してこと細かにやることを指示する必要はありません。

この書籍ではノウハウそのものではなく、リーダーとしてのあり方が膨大なデータをもとに影響されることが実証されています。
数あるリーダー本はありますが、本質的に真のリーダーになりたいと心から思うなら絶対に読んでほしい書籍です。
組織がうまくいかないのは、もしかしたらリーダーであるあなたの責任かもしれませんから、、、

著者…ハリー・フィッシャー=ライト


カルチャーシンクのパートナーであるハリー・フィッシャー=ライトは、小 児科医としてスタートを切って以来、ヘルスケアの分野のみならず一般の経営 管理の世界でもすぐれた専門家として知られている。2005 年にカルチャーシ ンクに加わって金融機関、教育、ハイテク産業、ヘルスケア、ベンチャー企業 に関するプロジェクトを率いるようになるまでの 10 年間、ハリーはコロラド州 デンバーでフットヒルズ小児思春期医療の所有者兼経営者兼医師という複数の 肩書きを持っていた。これまでにいくつもの病院理事を経験し、現在はデンバー で会員数 400 人の医師会会長を務めている。


品質と収益率のバランスに焦点をあてることで、ハリーはクライアント組織 において価値観に基づくパートナーシップを築くためのプログラムに着手。また各企業で、活力、目的、意欲のある能力の高いチームを作る手助けをしてい る。コロラド大学で医学士、南カリフォルニア大学で医学経営修士を取得、 ジョージタウン大学でエグゼクティブ・リーダーシップ・コーチングを修了。 医学とビジネスの両方に熱心に取り組む彼女は、コロラド大学で臨床助教授を 務めながら、南カリフォルニア大学でも管理者向け課程を教えている。


夫マイケルとともにデンバー在住。

ノウハウ系

マインド習得と同時に質のよいノウハウを入手して即戦力にしましょう。

シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/1ptAlEYo/


今、シリコンバレーでは、新しい会員制ビジネスが登場しています。


成功している企業を挙げるだけでも、


Netflix(ネットフリックス)、Pandora(パンドラ)、Airbnb(エアビーアンドビー)、
Uber(ウーバー)、IMVU(インビュー)、Gold’s Gym(ゴールドジム)、
Dropbox(ドロップボックス)、LinkedIn(リンクトイン)、CrossFit(クロスフィット)


など、数多く存在します。


「最新のビジネスを成功させる鍵は、会員制にある」と言ってもいいかもしれません。


日本でも、昔から会員制ビジネスがありました。
レンタルビデオやスポーツジム、携帯電話、ゴルフ場などが、その代表でしょう。


ただ、会員制ビジネスにも新しい時代が到来しました。


その要因のひとつが、SNS の進化です。

この書籍では【毎月継続課金の事業】と【自分の思い描くビジネス】を両立させることが可能になります。


・安定した、継続した収入がほしい
・毎月新規顧客を探さなければならない
・新企画発動時はいつも集客に悩んでいる
・一回限りのサービス提供で終わらせたくない


特に、これから起業を考えている人、
新しいビジネスを考えている人には必ず役立つ内容だと思います。

著者…ロビー・ケルマン・バクスター(Robbie Kellman Baxter)


コンサルタント、講演家。
シリコンバレー企業に事業戦略コンサルティングサービスを20年以上提供してきた。


メンバーシップ・エコノミー起業を支援するコンサルタント企業ペニンシュラ戦略LLC設立者。
クライアントはNet flix、SureyMonkey、Yahoo!などの大企業から、
小規模なベンチャー企業や新興企業まで多岐にわたり、手がけた業種は20を超える。


現在も定期的に職業団体、主要大学、企業で講演を行っている。

マル秘・人脈活用術

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/uQExosuz/


あなたは、自分の商品やサービスをどのように
売り込んでいるでしょうか。


次から次へと新しい顧客に営業をかけることに苦痛を感じているかもしれません。
また、新しい見込み客を見つけるために、必死になって走り回っている人もいるでしょう。
中には、営業先を探せずに、ただ売上の見通しが立たない戦慄の日々を過ごしている人もいます。


自分から営業するのではなく、向こうから勝手に見込み客が列を作ってやって来るようになる状態。。
それこそが“紹介の連鎖”。


苦痛の日々から抜け出すことができます。

この書籍を読めばセールス・営業を苦痛に感じることなく、さらに紹介を受け続ける事ができます。私もサービスを販売しておりますが、見込み客が自動的に確保できるのは素晴らしい状況を確保できます。


・次々と新規顧客営業が苦痛である
・見込み客を探すために毎日必死である
・売上の見通しが立たない戦慄の日々を過ごしている
・自動的にお客さんが集まるシステムがほしい


上記は営業職の方のみならず、独立・起業した社長が直面する問題なので事業主も必見です。

著者…ボブ・バーグ


バーグ・コミュニケーションズ社社長で、プロの講演家、コンサルタントとして活動している。


専門はコミュニケーション・スキルと、ビジネスにおけるネットワーキング。テレビのニュースキャスター、営業マン、営業部長を経て現職。


現在では、人気の講演家として、アメリカ中の大企業や団体、販売組織で基調講演を行なっている。フロリダ州ジュピター在住。
著書に『敵を味方に変える技術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、共著に『ひとを動かす技術』(大和書房)、『あたえる人があたえられる』(海と月社)などがある

社員を動かす社長のカリスマ仕事術

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/4hN7nvNf/


優れたリーダーになるために不可欠な2つの特質とは?


もし、あなたがリーダーシップに関する本を他に読んでいないのなら、
次のことだけを理解すればいい。
説得する技術を身につけ、魅力的なビジョンに目標を定めることができれば、
優れたリーダーになるために実際に必要なもの全てを手中にできる。


そうは言っても、優れたリーダーシップにはこれら2つ以外の要素もたくさんある。
本書では、私が優れたリーダーシップに必須であると考えるものと、あれば望ましいものを見分けていく。


例えば、本書には私自身が守れない多くのアドバイスも書かれている。
だが、机上の空論は1つもない。

この書籍を読むことで【既存のリーダーシップ像でうまくいかない理由】がわかり、【いま求められているリーダー】がわかります。
個人的にも著者の考え方は強く影響を受けており、ビジョンの共有の大切さをかみしめています。


・財務目標を立ててもうまくいかない
・社員の士気(モチベ)を上げようと思っても上がらない
・スタッフの問題定義に都度応えてしまう
・財務諸表とにらめっこしてしまう
・強いリーダーシップが必要だと思って行動しているが結果にあらわてれていない


今までのリーダーシップ像でうまくいかなかった方には必見の本です。次世代のリーダイーシップ像といっても過言ではありません。

著者…マイケル・マスターソン(Michael Masterson)


マイケル・マスターソンは約40年間、自らもビジネスで成功を重ねながら、人々の成功をサポートしてきた。
マスターソンは、メールマガジン「アーリー・トゥー・ライズ」での活動を通じて熱心な信奉者を集めてきた。
成功を目指す40万人以上の人々に向けて、ビジネスの目標を達成できるように指導している。


目覚ましい成功を収めたマスターソンのキャリアの中で、彼は、年商1億ドルを超える2社を含む何十もの企業を飛躍的に発展させた。
彼が所有したり経営したりした企業は、国内・海外を問わず、サービス業・製造業・小売りなど、業種も多種多様にわたる。
著者に『大富豪の仕事術』『大富豪の起業術』『臆病者のための科学的企業法』(いずれもダイレクト出版刊)がある。

コンテンツ・マーケティング64の法則

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/52uBrf0t/


現代のビジネスパーソンのスキルの中で、
最も敬遠されているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないだろうか。


ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。


ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、そしてフェイスブックやツイッター、ユーチューブなど、すべてのコンテンツには書くことが求められている。


そういう意味では、誰もがライターなのである。


だけど、書くことに自信がないといういう人も多いだろう。
そんな“書くのが苦手”という人に朗報である。本書がすべてを解決してくれるからである。


本書は、「ライティングはアートではない、スキルである」と言い切る。


書くための具体的な方法(64個もの法則!)を教えてくれるのだ。もちろん、具体的な事例もたっぷり紹介してくれる。


もっとうまく書くことができれば、もっと顧客や見込み客にアピールするコンテンツを作れるだろう。書く技術を諦めることは、顧客や見込み客と接する機会、説得する機会をドブに捨てているようなものである。

この書籍を読めばコンテンツ・マーケティングの事、具体的にはライティングに関して取得することができます。
私もネットを通じてサービスを提供することがあり、特にライティングに関しては重要視しています。


とはいえ私ももともと指一本からタイピングを始めましたし、最初に書いたブログは中学生の日記のような取り留めのない=誰もが見向きしないライティングでした。


私の経験上も【ライティングはセンスではなくスキルである】と言えます。
ネットを通じて収益を得たいならば必見の書籍です。

著者…アン・ハンドリー


コンテンツの制作・管理の専門家。MarketingProfs(マーケティングプロフス)のCCO(最高のコンテンツ責任者)。


同社はマーケティングの訓練・教育を提供し、マーケターの大きなコミュニティを運営している。


ハンドリーは『アントレプレナー』誌の月に一度のコラムを担当し、Linkedlnの「インフルエンサー」プログラムのメンバーでもある。講演活動なども精力的に行う。共著にコンテンツ・マーケティングをテーマにした「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」(ダイレクト出版)がある。著者についてさらに詳しくは、AnnHandley.comで

クロージングの心理技術21

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/pSw71woV/


「魔術師」と言いたくなるほど、巧みなセールスで驚異的な売り上げを誇るセールスパーソンと、
日夜懸命に努力しているにもかかわらず、一向に成果の上がらないセールスパーソンとは、どこが違うのでしょうか。


著者によれば、高い収益を上げる「セールスの魔術師」たちは、
「消費者心理学」という特別な「トリック」を使っているのです。


本書は、効果が実証済みの、消費者心理学に基づく強力なセールス・テクニックを
21項目に分類して解説しています。


すぐにでも役立つ、とりわけ対面販売に抜群の効果が見込めるノウハウが満載されています。

この書籍ではクロージング=説得の手法が具体的に解説されています。
良いものを提供すればお客様が自分からを選んでくれるというのは大間違いであり、良いものほどしっかりと提供して喜んでもらわなければいけません。
私も経験がありますが、うまく伝えなければどんなにいいものを提供していても、質の悪い、場合によっては詐欺的な商品にすら負けてしまうことがあります。


概要では対面販売と書いていますが、ネット上でも対面しているつもりで販売することが肝になることもあり、ネット完結型のサービスだったとしても販売においては必見の書籍です。

著者…ドルー・エリック・ホイットマン


ドルー(別名ドクター・ダイレクト!) は、セールスの背後にある心理学を教えることを専門とする、広告とセールスの世界的に知られたトレーナーかつコンサルタントである。


彼は小さな小売業から何百万ドルもの取引をする巨大企業のために非常に効果の高い広告を生み出してきた。


その仕事はアメリカにおける最大かつ最も成功している企業や組織の多くに使われている。例を挙げれば、アメリカ自動車協会、広告業協会、アメリカ在郷軍人会、Amoco、ファーバーカステル、テキサコなどなどである。彼は現在もフィラデルフィア最大の広告代理店ウェイトマン・アドバタイジング・グループの直販広告部門で仕事を続けている。

現代広告の心理技術101

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/OhCZrcqd/


広告の目的は人に行動させること


この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。


1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。


それがわかれば、次のことが可能になる。


1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。


著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから


人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを


相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック


にまとめました。


この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

広告という言葉を毛嫌いする人々は多いですが、実際は広告によって購買決定している人がほとんどです。
自らセールスしたりサービス展開する場合、どのようにお客様に伝えたらよいのか?
自信ある商品をどのように知ってもらうか?
すべての課題は広告の提供ノウハウで解決します。


私も広告の技術を学ぶことで大きな成果が出ました。
購入してから数年たちますが今でも繰り返し読む書籍の一つです。

著者…ドルー・エリック・ホイットマン
※経歴は前述を参考に。

ザ・ローンチ

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/xWfgTSh1/


本書の目的は、ビジネスを構築することである。
しかも、あっという間にだ。


すでにビジネスを手がけている人にとっても、
起業したくてうずうずしている人にとっても、
本書は飛躍するためのレシピとなる。


自分の会社の商品発売を
指折り数えて待つ見込み客を思い描いてみてもいい。


競合他社をことごとく排し、
市場で確固たる地位を築く自分の姿は?


ビジネスや予算がごく小規模であっても、
今挙げたことすべてを実現することは、
あなたにも可能だ。


なぜなら、そのためのプロセス、フォーミュラ(公式)
というものが存在するからだ。


本書を、短期間でお金持ちになる方法を
説いた本だと考えたら大間違いである。


だが、本書で紹介するフォーミュラは、
その威力が繰り返し実証された、
商品やサービスを速やかに売り始めるための
ロードマップだと言えよう。

この書籍は即戦力よりも本質的な力を身につけるためにお勧めです。
現在はどんな人でも成りあがれる時代。正しいビジョンで進めれば結果も付いてきます。


ノウハウだけでなく、本物の力を身につけたい方にお勧めです。

著者…ジェフ・ウォーカー (Jeff Walker)


ジェフ・ウォーカーは、オンラインセールスをまさに一変させた人物だ。
その後は、起業家育成ならびにマーケティング指導を手がけ、世界トップの仲間入りを果たしている。


彼が「プロダクトローンチ・フォーミュラ」を世に広めるまでは、インターネット起業の世界で「プロダクトローンチ」を話題にする人間はなきに等しく、「1日で100万ドルを売り上げる」ことなど不可能だとされてきた。
しかし、現在は「プロダクトローンチ・フォーミュラ」後の世界であり、100万ドル(どころか数百万ドル)規模のローンチも日常茶飯事と化して、驚く人はもはやいないと言える。


ジェフが編み出した手法は、決して大物マーケターだけのものではない。
彼はこれまでに、数百種類ものニッチ業界におよぶ何千もの人々に指導を行ってきた。
そういった教え子らは、合計5億ドルを超える売り上げを叩き出している(その数字は日に日に大きくなる一方だ)。


ジェフは、コロラド州デュランゴの自宅で妻のメアリー、飼い犬ジェニーとともに、アウトドアスポーツ三昧の日々を送っている。
今でも、すでに独立した2人の子どもたちと一緒に激しいスポーツに興じているという(熱中しているのはスキーとマウンテンバイク)。

脳科学マーケティング100の心理技術

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/Lcij7go5/


広告心理学からニューロマーケティングへ


現代のニューロサイエンスは、
私たちの脳の内側を見つめ、
心理学のブラックボックスを開けるのに
役立つツールをもたらした。


ニューロマーケティングとは、
要するに脳の働きを理解し、
その知識を活用してマーケティングと
商品の両方を改善することだ。


ニューロマーケティングのテクニックが
適切に使われれば、より優れた広告、
より優れた商品が生まれ、顧客はより満足する。


誰だって気に入ったと思える商品が欲しいし、
退屈なコマーシャルは見たくない。


「賢いマーケティング」とは、
あなたの脳を使うことだけではない。
あなたの顧客の脳を使うことでもあるのだ

一見、科学書のように感じてしまうかもしれませんが、対人間にサービスやモノを販売する時、顧客の考え=顧客の脳を理解することは非常に効果的です。
実際に私も脳科学的に考えたライティングをすることによって劇的な反応を生み出すことができています。
(一回のオファーで1000万円以上稼ぐこともあります)


小手先のテクニックではなく、人間の本質を理解してどんなものでも売れる=受け入れられるようにすることは独立・起業家はもとより、人間関係に悩む人すべてに読んでほしい書籍です。

著者…ロジャー・ドゥーリー


マーケティング・コンサルタント会社「ドゥーリー・ダイレクト社」の創業者であり、人気ブログ「Neuromarketing(ニューロマーケティング)の執筆者。コミュニティ・アーキテクト&サイトストラテジスト。カタログ販売のマーケタとしてマーケティングの世界で頭角を現す。IT ビジネスに進出するかたわら、脳科学、行動科学に興味を持つようになり、独自に脳科学の最新知識をマーケティングの世界に活用した「ニューロマーケティング」を研究し、第一人者となる。


オンラインコミュニティの構築、Web プロモーション、検索エンジンマーケティング、ダイレクトマーケティング、マーケティング戦略、ソーシャルネットワークに至るまで、幅広い分野に精通している。クライアントは、「フォーチュン500」企業から小規模のe コマース企業まで幅広く、最新の脳科学と行動科学から導き出した、クライアントのためのよりよいマーケティングを提唱している。ニューロマーケティングの「宣教師」として執筆や講演なども積極的に行い、その発言は主要メディアで頻繁に引用されている。


カーネギー・メロン大学より工学の学位、テネシー大学より経営学修士(MBA)を取得。テキサス州オースティン在住。

億万長者の不況に強いセールス戦略

http://directlink.jp/tracking/af/1031667/EwT3blYH/


どうすれば、「必要とされる」営業マンになれるのか?


これこそが、この本「億万長者の不況に強いセールス戦略」で語られているメインのテーマです。


営業マンには2種類あります。
一つは「追いかける」営業マン。
もう一つは「必要とされる」営業マンです。


この本「億万長者の不況に強いセールス戦略」には、どうすれば「追いかける営業マン」ではなく、「必要とされる営業マン」になれるのか、その方法が書かれています。

営業マン向けの書籍だと感じてしまいますが、独立・起業すれば自分でセールスしなければいけませんので必見です。
会社に属する方も【会社に必要とされる】という観点でいえば読んでおいて損はない書籍でしょう。

著者…ダン・ケネディ
※先述紹介を参考に。

おまけ…自分の世界を広げる書籍
知ってはいけない「世界の裏側」 -「謀略・洗脳・支配」世界的企業のテロ対策のプロが明かす…
※期間限定2980円→100円!


http://directlink.jp/tracking/af/1031667/C3JV9gNJ/
※こちらはダウンロード形式です。


紹介抜粋

日本には、日本のために情報を報道するメディアはほとんどないそうです。 彼らはアメリカの主要メディアを翻訳して伝えるだけで、同じような内容しか流しません。これは、情報操作する権力者の側からすれば、とても好都合です。大衆には、一方的な側面しか知られないわけですから

よって、もしあなたが何の知識や疑問も持たずに映画やテレビ、新聞などのメディアを見ているだけだとしたら、、事実の根本を知らないまま、真実を隠され、、考える能力を奪われ、、いつまでたってもこの世界で起きている本当のことを知ることができないままでしょう…



実は私、こういう都市伝説っぽいものが好きです笑
もちろん玉石混合でただの噂にすぎないものもありますが、一つの物事がなぜこんなにもクローズアップされるのか?という視点から見ると世の中が変わって見えます。


日本は確かに恵まれた国ですが、知らなければ《エサを与えられた家畜・ペット》になっているかもしれませんよね。

・定年まで地道に働いて余生を過ごすことが人生である
・家庭を持ち、家を持ち、車を持ち、税金年金を払い続けることが人間である
・法律やルールを守らない人間は悪である

こういった固定観念を持っているとしたら、まずは世界を広げてみてください。
この情報が全てではありませんが、世界を考えるきっかけになるはずです。

列挙した書籍は価格の100倍くらい価値がある



いかがでしたか?
概要を見ただけでも魅力的な書籍がたくさんあったのではないでしょうか?
もし一つも魅力を感じなかったのであれば、今やっていることに集中したほうがよさそうですね。
もし一つでも魅力を感じたのであれば、一冊は必ず手に取ってみてください。
今回は返金保証付きなのでリスクもないです。


列挙した書籍はほかの書籍と比べると決して安い商品ではないかもしれません。
しかしながら私は1冊読むだけで数十万以上の価値を感じますし、実際に収益にも結び付きました。


本に数千円は高いと思うか?
人生の先駆者による貴重な情報がたった数千円と思うか?



ここから大きな差が出るのは間違いありません。

この書籍たちがきっかけとなって人生が大きく変わることを願っています!

PS
もし、やる気と自己投資とチャレンジ精神をもって上記に列挙した書籍をすべて購入した方には
【各書籍の具体的な使い方】
というオリジナルプレゼントをしています。
直接ご一報ください^^

コラム…実際に収益がグンと変わった事例



今回ご紹介した書籍はすべて私が一度読み、効果が感じられるものを列挙しました。
中には収益化に大きく貢献した書籍もあります。


事例としてですが
例えば紹介したこの書籍
・世界一ずる賢い価格戦略


実はこの書籍を読む前、とあるサービスを《3万円》で提供しようとしていました。
この価格設定は特に考えたわけでもなく、なんとなく3万円くらいが相場かなぁと思ったゆえんです。
しかしながらこの書籍を読み、本当の価格設定を学んだうえで実行した結果30万円で提供することにしました。
中身は変えずに。


すると結果として、見込み客数は大した変わらないものの、多くの方に受け入れていただくことができました。


明確な根拠や自信があれば、10倍にしたからといって顧客数が10分の1になるわけではなく、
結果として10倍程度の収益を得ることができました。


さらに収益だけでなく、過去のどんなものよりも結果に結び付けていただくことができ、結果的に満足度も高まりました。

こうやって得られたものは一つの事例ですが、他の書籍からも多くの知識を吸収し、現在の環境が得られています。
ぜひ一度手に取ってもらえれば幸いです。

コラムまで読んでいただきありがとうございます^^